医師と結婚するために

病院における、女性に人気の定番資格と言えば看護師でしょう。白衣の天使と言われる仕事です。まさに天使のような心を持ち合わせていないと、やりきれないほどのきつい仕事とも言えるかもしれません。ほとんどの方は、高い志をもって看護師になられていますが、中にはあわよくば、ドクターとの結婚生活を夢見て看護師を目指す人もいるでしょう。女性の人生は、現実的に結婚相手によって大きく左右されるので、やはり、結婚相手の選択は、自分自身の職業の選択よりも、はるかに大切なことかもしれません。 ドクターとの結婚を真剣に考えた場合、看護師の資格を取得するか医療事務の魅力に魅せられて医療事務の資格をとることが一番よいのは確かでしょう。実際、ドクターが結婚する相手が看護師である確率が、一番高いからです。なぜなら、ドクターは、非常に多忙なため、身近なところで結婚相手を選ぶ傾向があるからです。そういう意味では、女医を目指すのも良いのですが、医師免許となると、さすがにハードルが高いでしょう。薬剤師も女性に人気の資格ではありますが、看護師が、最低3年間で受験資格が得られるのに対し、薬剤師は、6年間薬学部で勉強しないと、受験資格が得られません。また、医師との接点ということになると、看護師よりはるかに劣るでしょう。 以上、考慮すると、医師との出会い、結婚が目的であれば、看護師を選択するべきでしょう。結婚相手を探すために看護師になるというのも、おもしろい選択かもしれません。